A través de las cuatro estaciones de verduras、Deliciosa mesa de comedor para todos、Se entregará un buen momento!
Blog
  • CASA »
  • Blog »
  • Amigos

Amigos

Planté patatas!

Hola a todos! Esperando que el cargo de invierno hasta ahora las verduras y las hortalizas de primavera y verano limpias en la granja de campo Magnolia obovata。 Este tiempo es el tiempo que los vegetales es menos que decir que el período transitorio todos los años。 Mientras me das el resto de sus vehículos Conjunto、De hecho, el campo está muy ocupado! Hay tan。 O las plantas de semillero en macetas o siembra de papa、Cubrir las verduras de invierno ... es limpiar los campos o la siembra en un multi-prepararse para el suelo haciendo estimular la degradación de tal manera que Tapingu。 longitud Granja Masato es finalmente hecha a mano que quería una herramienta para "amplio tenedor" anterior、He intentado utilizar para tratar。早速壊れたのですが修理して またトライ! 「ブロードフォーク」とは土中の生き物を生かしたまま土をほぐす道具だそうで 欧米の小規模オーガニックファーマーではよくつかわれているそうです。 Lo pequeño es mejor, pero por debajo de la foto es ¿cómo Nelco que ha vivir en los eventos del mercado azules de 3/10 ★ ese día es Marche caso de "I de la vida" fue cancelado debido al mal tiempo era un aperturas previstas en varios lugares que se había celebrado el mercado y eventos。 Nosotros no hemos almacenamos aperturas previstas, pero vamos a visitar el mercado de azul y plantación de Te para la cena de sentido de la alegría 3.11、Después del terremoto Creo que hemos estado corriendo sintió una gran cantidad de cosas, sino de la sociedad a través de los eventos de la manera、El de la energía、Creo que tengo la oportunidad de reconsiderar la gente y la gente de la participación。 Esto está en Basara Casa 3/29, fui a jugar a Nidom evento patrocinado Mintar ★ ~ edad&modernsの演奏★よかったです~ 子どもたちがDJブースに群がる図! 大人がやさしく見守ってありがたや~ 踊りたかった方すみません~ 大人も子供も関係なく集って音楽や太極拳や美味しい食事をたのしみました! 月イチのイベントらしいのでFacebookやインスタを要チェック! 来月も遊びにいくぞ~ 各地で起こるムーブメントというか、La fuerza de acción de las personas a las que también se han inspirado! O decirle que usted piensa、Actuar y tendrá que hacer - detalle o escribirá la próxima vez。 Satomi

たまむし!!

金曜日に友人が梅ちぎりにきてくれ 「なんか落ちてきた」という・・・ 「たまむしや~」と真人 「わ~わ~玉虫やん!!」興奮するわたし! 小学生の時に法隆寺展がたしか福岡市で開催されたときに親に連れて行ってもらった「玉虫逗子」を見て感動!玉虫はあこがれの昆虫となり~あのとき玉虫厨子のポストカードを買ったな~子どもたちに見せて長男はちゃんともとの住処に戻してくれてたさておうちに帰ってごはんごはん 昼間久しぶりに「うかたま」(農文協)という雑誌を見て今晩なんにしようかと娘と話していたら「梅と胡瓜の巻寿司!」おいしそ~ということになりせっせと3人でお料理お料理♪「いろいろアレンジしたんよ~」と息子キャベツ入りやまいも入りもあるよ~ 夏野菜の揚げ浸し(茄子ピーマンズッキーニインゲンたまねぎときゅうりは生をスライス)これは朝作っておいて冷蔵庫で浸しておいたよ~ 鶏肉と豆腐のつくね胡瓜のぬかづけ おごちそうだったねまた別の日は冷やし中華の日も野菜たっぷり! 黄色のズッキーニが錦糸卵の色に似てるね豚肉をしゃぶしゃぶしてさっぱり☆ いつもいつも楽しいおいしい食卓お腹がすきすぎた時は泣き出したりけんかしだしたりおこったり()ときにはいきなり友人に「ごはんたべていかん?」と言ってみんなでわいわい!これ最高! 簡単でいいからシンプルに料理して家庭から台所から毎日食事を楽しんでほしいな~という気持ちで野菜セットを届けています子どもたちがやりたいっていうときは やりたい何かを尊重し担当してもらって~ちょっとずつスキルがついてきたね小さなときから私たちが大事にしたいって思ってきたことが伝わってきたような気がする大きくなったな~生き生きした毎日で色んな人から助けられ支え合い元気をもらってる自分ができることをやってみんなに元気を届けたい!ですね~「なんだか人生が玉虫の輝きのようだ~」なんて結びにしちゃったりしてね~() Satomi

黄色のズッキーニはポタージュに!

ズッキーニが大豊作!シーズン到来です先に緑のズッキーニの収穫がはじまり今黄色のズッキーニが豊作になりました黄色のズッキーニはポタージュにするととてもおいしい!作り方はとっても簡単!玉ねぎを炒めて切った黄色ズッキーニも炒めて(焦げないように蒸らし炒め)水をひたひたに加え塩少々を振り蓋をして煮る柔らかくなったらミキサーにかける豆乳も加えて鍋に戻して塩で味を整えて出来上がり沸騰すると豆乳が分離するので弱火で温めてくださいねカボチャやトウモロコシのスープのような甘くていい香りのポタージュになりますよ~ 近頃我が家近くの川に蛍が舞い始めました~八時半ごろと八時ごろ行ったら八時頃の方がたくさん飛んでいました「ほたるぶくろ」に蛍を入れてみたい!とウキウキしている我が家ですズッキーニ祭りは続きます↑グラタンサラダとこふき芋新じゃががうまい~黄色ズッキーニはサラダがおいしい!マリネもいいね! 朝四時ごろ男子は海へ行きアジとサバを一匹ずつ釣ってきた(笑)こないだも早朝真人はアジを10匹南蛮漬けがおいしい!最高じゃ~ なぜか気がついたらタルトまで作っていた・・・ズッキーニをご近所のイチゴ農家さんにおすそ分け~というか引き受けてもらいにいったらイチゴをいただいてしまった~のでコンフィチュールとイチゴタルトにした感謝感謝です~おいしい一日でした毎日だね今日は何作ろうかな~。 Satomi

Recientemente ¿Qué haces? (Tal como el de la plan de siembra)

Yo no hay ninguna historia del día a día, pero se ha convertido en un ... Eraku después de mucho tiempo de la post。 Quiero escribir (quiera hablar?) Que no están acostumbrados con facilidad al modo (risas) Bueno、Recientemente se hace referencia como si se tratara de qué pasaría si ... Oh、Sólo se tiene hoy en día para que molestarse en Yufuin estación de radio al emergente de la esposa (que es lo siento que Kikigurushiku en la convalecencia)。※ "Horas naturales" ha aparecido cada mes un poco a punto el primer lunes de 14 ← exclusiva está a cargo de Satomi recientemente Lo que con el proceso de liquidación Yara Kazehiki、A pesar de que hacia el trabajo del campo no ha sido mucho、exclusivamente、Estamos haciendo la preparación para el próximo verano。 Por ejemplo,、Desarrollo del plan de siembra。¿Qué? ¿Cuándo? ¿Qué parte de la cantidad? En cualquier lugar? o hacer。I, et al. De acción que está siempre viniendo Arakata determinado por este plan。En términos de sólo verduras de verano、Artículos (berenjena、tomates、pepino、Alrededor de 30 artículos son como calabaza ..., etc.)、En vista de las diferencias entre las variedades (alrededor de tres variedades solo berenjena) y el tipo de cultivo excede el patrón 70。este、Cada uno, pero vamos a decidir, "¿Cuándo? ¿Cuánta cantidad? ¿Dónde? O hacer"、Esto es muy duro! ! en particular、Pensando también de los trabajos previos y posteriores de los cultivos、¿Cómo en el que va con el diseño del campo (Es una simulación del campo), esto es、Es otro rompecabezas! Se necesita tiempo Omg。pero、Existe también el lugar era originalmente un delirio de amor、Amor y este trabajo en lugar de la habitual、Y era bastante bastante como、De ninguna manera amarga。pero、Ya sea que la gente del mismo oficio es lo que es、Quiero escuchar todos los medios del Estado。 entonces、Que estamos haciendo para prepararse para el verano toma de plántulas de hortalizas。 Sunmasen、No se ve sólo como si estuviera tocando incluso mirar, pero en este momento ...、Desde la casa de vivero ahora ♪ construcción de un invernadero para crecer plántulas de hortalizas de verano superado。Después de completada la Casa、Y restos de prisa la depresión semillero、Siembra comenzar! ! pasado、Algunos de los vehículos del personal de hoy Mizue Me obligaba。El brócoli es ya muy pronto。Col seguirá cambiando variedades del rápido crecimiento de tipo nunca para escribir, como una bola verde。En efecto febrero、También se ha limitado verduras de artículos que siento Norikire probable que no descansa alguna manera verduras vuelos este año! Además pronto - (Masato)

僕たちは何を届けていくのか

僕たちは何を届けていくのか これは僕らが農業を営む上で常日頃から持ち続けている問いかけ。 ciertamente、表面的物質的にはその時々のお野菜の詰め合わせをお届けしているのだけども僕らは「野菜セット」はあくまでツールであると考えています「野菜が届いたら必然的に台所に立つようになるよねそして何かかんかおかずができて家族で食卓を囲んで・・・っていう流れが半強制的にできちゃうね」 「うちの母は料理もそんなに得意やないで冷凍食品が好きなような人やったんやけどこないだ実家に野菜セットを送ってもらったら「野菜が届くのを楽しみに思う自分が凄いと思った」と言いよって相当おかしかった(笑)」 「子供が野菜のおかずを取り合うようになった!前までそんなことありえんやったんやけど」 お客さんからの反応の一部です僕らとしてはまさに「してやったり」めっちゃ嬉しい反応です野菜セットが届くことでもたらされる美味しくて楽しい時間そして暮らしの中に引き起こされる変化・・・ そういったものを届けていきたいと思っていますそいういった思いの源泉には環境問題や行き過ぎた経済至上主義消えゆく農村文化などへの想いがまたあるんですが、、、これはまた別の機会にゆっくりと(笑) 農的サービス業? 先日宮崎の方に行くことがあり車窓から見渡す限りの雄大な農地を眺めながら思いました僕らの営農スタイルはちょこまかちょこまか色んな野菜を作ってそれらを少しずつ盛り合わせて直接届けて・・・って感じで 何十ヘクタールもキャベツ作ったりジャガイモ作ったりする農家さんからしたらホントにままごとの世界だなとなので農業というよりは 「農的サービス業」って言った方がよいな~と最近は思っております。   ちなみに今回のお題への答えは毎日を生きていくなかで日々アップデートされています現時点での答えとしてはこんなところかな~ 真人

むすび庵で蒔かれた種が各地で芽吹いている!!

福岡県筑紫野市にある有機農家八尋さんご家族が営むむすび庵という集いどころがあります真人が大学生のころに研修生としてお世話になり「人生が変わった!」というほど 私達に素敵なことをたくさん感じさせてもらった場所です農業のことやりたいっておもっていることの基礎は「むすび庵」で学ばせてもらったからこそたくさんの仲間との出会いも今日はむすび庵の20周年記念大会でした今回一区切りとのことで講演会や座談会がありました私達も日頃考えたり思っていることをずばずばっと対談される山下惣一さん宇根豊さん八尋幸隆さん・・・むすび庵で研修したり農と旬を語ろう会の月例会に参加したみなさんが今子育てや農業やいろいろな仕事について 活躍していることを知って本当にうれしくまた20年続けてこられたことに勇気をもらえました交流会には参加できずにその後の盛り上がりが気になっておりますが我が家は帰りの車での話が盛り上がって むすび庵で活力をもらった!一日となりました楽しみがたくさんで小出しに紹介していきますね! 先週は町内のきちょくれ祭り昨日はご近所さんのイベント赤野マルシェに出店。 11月はイベントが多かったですね~いづれもたくさんの方とお話しできてよかったな~立ち寄ってくださったみなさまありがとうございました! 思いを文章化すること記録することを続けていきたい!もっと読んだり書いたりしたい!って思っています何が楽しいのかとても素朴なことだけど大事なことが毎日ごろごろあって 読んだ人が立ち止まって心がうごいたり腑に落ちたりすることがあったよとか聞きたいし 書きたいし・・・野菜セットに入れる便りも充実させていこうね~って話しています! 野菜より便りが充実してくるかも~みたいなこともあるのか!? あるある!!忘年会新年会はネタ集めだね~みんなで話したいね~とおもってます。   「クリエーション!!」 つくることがたのしくてたまらん!毎日ですねということでそろそろスモークの季節★ベーコン仕込みをしたいですね~ 正月といえばハムがいいかな・・・障子も張替たいし雑巾も山盛り縫いたいし(あんみつ姫のホットケーキみたいに!ってわかるかな笑)お掃除もしたいし年末のわくわくがもりもりですね~年末のお野菜販売大会も企画中!です~。 Satomi

今日のお客様~

  Satomi:「わ~写真撮らせてもらってもいいですか~!!?」 お客様Y様「もちろん~」 同じセリフを野菜の袋詰めしてたみずえさんも5秒前に言ってたので ぱしゃり~なんともいえない素敵な竹かご持参で野菜セットをお求めくださるお客様がご来店お野菜定期便ご利用の多くは宅配でお野菜セットをお届けしていますが朴木小学校に定期的に受取に来て下さる方もいますY様はご主人が竹かごの職人さんとのことでいつも素敵に持って帰っていただけて 野菜も喜んでいる~でしょう毎度ありがとうございます! さて今夜もとれたて野菜でごはんだ~ サラダミックス(水菜、rúcula、からし菜)でかりかりじゃこサラダ。   他には豚肉と小松菜・空芯菜の生姜焼き風茄子カブのぬかづけわかめカブ小松菜の味噌汁 ご飯鳥手羽元の焼いたの・・・おいしいねーこりゃ最高のぜいたくじゃ~といいながらいただきました忙しかった一週間の疲れを温泉といつものごはんで癒された一日でした

今週の野菜セットで作った簡単料理!

人参や大根かぶの間引き菜が 野菜セットに入るようになりました~ これらも期間限定旬の味~ スタッフのみずえさんがこんな美味しそうな料理をつくってくれました~ 人参葉のかき揚げ! 大根葉の炒め物 水茄子のソテー 美味しそうですね! ここれは我が家の朝食「the green morning!」 大根葉ふりかけ空芯菜の炒め物ニラのオリーブオイル醤油ゴーヤとかぼすのジュース ニラのオリーブ醤油はごはんがすすみますよ! ニラをさっとゆでて刻んでオリーブオイルと醤油をかけて和えるだけこちらは夕食 空芯菜の炒め物 水菜と蕪のサラダ 人参葉オンリーのかき揚げ 茄子の糠漬け 味噌汁 カボチャスープ 小アジのフライ(みずえさんのお母様より頂きました!)さっくさく!うまーい人参の葉は刻んで米粉や小麦粉をぱらぱらっとまぶし水を少々いれて揚げます衣が少ないとさくさくっと葉っぱの美味しさが味わえるのでおすすめちりめんじゃこやごま玉ねぎなどお好みで具を増やしてかき揚げにしたら豪華ですよ~ご飯も進みますね!

問題解決型から未来創造型!!んだんだ!

福岡の津屋崎に津屋崎ブランチというまちおこしNPOがあります。 1000gen.com 何度かたずねたことがあるのですが 山口さんが 「津屋崎でのまちおこしのスタイルは 「課題解決型(=ネガティブアプローチ)」ではなく「未来創造型(=ポジティブアプローチ)」と呼んでいますすべての行動のスタートは「やりたい」の気持ちからそこに「地域に良いこと」との接点を見つけ出し小さく実践していきますそれが寄せ集まって豊かな暮らしにつながっていきます」 引用させて頂きましたがこの言葉に私もそうだそうだ!って思っていて・・・ 私は「畑のある生活が楽しくておいしくてとっても贅沢なことで有難い!」と 思ってて今日もまた新たな楽しみをみつけてはうふふ・・・と語らっていますそして子どもたちにたべもののこと自然のなかでのこと支え合う仲間のことを 直に感じ育ってほしいって思っている☆ これも皆様の支えではじめられた点は大いにあるのですが 楽しくかっこよく楽しそうに幸せそうにやってたら農業にも興味持ってくれる人が増えそうだし みんな気持ちを出し合って言いたいこと伝え合ってやりたいことが見つかったりやれたりして 楽しいワクワクする毎日を生きたいいつでも天国にいけそう(笑) やりきって後悔無し!そんなファンキーなおばあちゃんになりたいと思っているところです・・・ 夏のごあいさつに伺ったらもうみなさん80歳こえてもしゃっきり元気! ポジティブな方ばかり&常に何か仕事されている! 昔の話はもう驚く事ばかりで現代の若者にはできないことがたくさんあることをしりました! いろんなかっこいいお言葉を頂いてそんなおばあちゃんになりたいって思いそのひとことひとことを紹介したいくらいですあらためて最近もっとも興味のあることは 「人が何をしてどう思ったか」「伝え合うこと」「ルーツ」「笑」「聞き書き」 ブログでも少しずつ紹介していきますね~ 「おいちゃんも苦労してやってきたんよ」 「頭をつかえば農業もうまくいくるち思うあんたたちもうまくやればうまくいくけんがんばんなさい!」 こんなかっこいいエールをもらいました!80歳超えたおじいちゃんはもうおじいちゃんには見えない ほんとにかっこいいおいちゃん農業してきたおじちゃんおばちゃんはほんまかっこええ~です隣にいてくれていろいろ教えて頂けるのが幸せです! さとみ

Team pumpkin!!

今日は待ちに待ったカボチャ収穫の日!! なんと午後は原っぱカフェからウーファーさんが二人きてくれました! まずはご挨拶とアイスコーヒーで和むタイム~ 写真係のみずえさんいい感じに撮ってくれてた~ありっがとうっ! 午前中はみずえさんまみさん真人3人で作業してくれて午後はウーファーさんも一緒にみんなで~小学生も帰ってきて参戦した「カボチャリレー」はじまりはじまり! 収獲したら数か所においてパスして運んでいく~ はやいはやい!そんでもってめちゃおもしろい! 軽トラにいっぱいカボチャを積んで蔵に運びました収獲ってたのしいねお天道様ありがとう! みなさまありがとうえびすかぼちゃのお届けお楽しみに♪ 今年もめちゃおいしいよ!!! さとみ

1 2 3 4 »
agosto 2019
METRO T W T F S S
« Abril    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
pagetop
Derechos de autor © Co., Ltd. campo Magnolia obovata Todos los derechos reservados.
Energizado por WordPress & Tema BizVektor por vector,Inc. tecnología.