Dans la région de magnolia (Magnolia obovata) de Yufu, Oita a été labourait les champs. Comme votre table à manger sera amusant et délicieux!
Blog

暫く書いていないとわかっていたものの・・・久しぶりの投稿です。

改めまして、新年あけましておめでとうございます。 今年もおいしい野菜を作って届けて~ 皆さんに楽しくて食卓が豊かになるよう 頑張って参ります!よろしくお願いします。 年末より、沢山の方から 「スーパの野菜が高くなってるよ」と聞くのでこまめに野菜コーナーに行き価格や品質を見学しています。 「ほんとだ!レタス500円だ、誰が買うんやろ~。」ってな感じでびっくり。 たいていこの時期は産地は雪国でモノは無い状態だから例年高値のはずですが、今年は特に高いそうです。 しかしまあ、私たちは野菜を売ってはいますが野菜を値段だけで判断される様な所では負けてしまいますので 楽しさ、農や生産者との親近感、レシピや、なんやかんやお便りも付けて、お客様に受け取ってもらって いつもたくさんの方々に支えられて今日があるという訳です。 これからもがんばりますので是非みなさん、おいしく野菜を食べてくださいね~。 市場が安い時でも高い時でも有難く受け取って下さる方々に本当に感謝~。 さて冬の仕事「もみがらくんたん」づくり! 籾を炭化させて苗床に使ったり、畑にまいたりして使います。 利点がたくさんあるそうですよ!詳しくは農文協の現代農業1月号に載っています!興味のある方は是非☆ 昨年末は初めて石臼で餅つきを我が家で行いました。 助っ人家族が来てくれて、なぜか二日連続でとりおこないました~。 楽しかったし、おいしかったですね。 「こんなのびる餅初めて!」と子ども達大喜び。 今年の年末も絶対したい、そうおもいながら・・・ ・鏡餅は大きく作ること ・つくなら沢山搗きたい! という感想です。 鏡開きのぜんざいをおいしくて数日作り続けたのですが もちろん餅がたりないので 餅つき機でまたついて、おいしかったからまた次の日も搗いて・・・ 朝寒い台所に立たずにいい朝ごはんを食べるためには 餅&味噌玉!ぜんざいもオマケに~ということになってきており、 なんて餅ってすばらしい食べ物!明日も餅食べて頑張れます。 そして正月すぎてしばらくしたら やっぱりカレーですね。 なんでもかんでも薪ストーブの上でことこと煮込んだスペシャルカリー いや~おいしかった。でも残り物とかも日に日に足したので 人様には出せない・・・。さいご少し残ったのは蒸し野菜にディップして頂きました。 そして今夜は・・・漁師汁!! この写真映えしない素朴さ、おいしさ伝わるかな・・・ 夕方近くの海に男子二人で鯵やアラカブを釣ってきてくれたので 念願の漁師汁。毎週末釣りしてくれんやろかね~いい出汁でてました~。 今日午前中に図書館のCDコーナーで日本民謡の記録本とCDをなぜか そそられて聴いたのですが、奥が深い。 まずは民謡をほとんど知らない自分に改めて気づく。 知っている曲もちらほら。歌ってたおじちゃんやおばちゃんのこと思い出す・・・。 次に感じたのは、まるでアフリカの民族音楽のようだと。 歌詞不明と書かれた民謡もあった・・・。 昔の人々は農作業や酒造り、漁をしながら歌った歌がたくさんあり、地域ごとにあり なんとも面白いんです。米を搗く時の歌で激しい感情こもった歌も。 そんな時を超えた民謡にそのころの人々の想いが乗せられている。 毎日の暮らしをたのしむヒントがたくさんあるように感じました。 昔はなんでも手作業、民謡とともに笑いもあったのかな~。 今年の餅つきは餅搗歌と一緒にやりたいな~と思ったのでした。 おもしろい民謡探し、今年の新たな趣味になりそうです。 アーソレソレドッコイショ―

IMG_20171227_071729-768x1024

米粉(微粉末)の限定販売!

ほおのき畑のお米を製粉しました。 品種はヒノヒカリ、農薬不使用、化学肥料不使用です。 微粉末に仕上げて頂いたので、お菓子、料理にとても使いやすいです。 シフォンケーキも米粉100%(小麦粉なし)で焼けますし、 カレーやホワイトソースも米粉と水で溶いたものをとろみとして使うととってもおいしくて簡単です。 天ぷらやフライの衣にすると、小麦粉よりも油を吸わないのでヘルシーです。 ニラのチヂミやお好み焼きにもおすすめ!クレープも◎ 500グラム入り(チャック付袋)税込 540円です。 40袋限定販売いたします。 ご注文されたい方はお気軽にお問い合わせください。 野菜セットと合わせて送って欲しいという方もOKです。 発送予定日の前日までにご連絡くださいね。

デカ大根 重さ当て大会(2/10まで)

ジャジャーン♪ 大根畑の片付けをしてたらこんなのが!「これは、例の写真(○田酵素的な)をとらねば!」っちゅうことでパシャリ。 さて問題この大根はいったい何キロ(○.○kg)でしょう? 正解に一番近かった方に、お米を5kgプレゼント~!! 応募期間は2/10まで。2/11に当選した方へ連絡を入れさせて頂きます。メールやFBメッセージ、電話(090-7472-0948)などでご応募下さい お待ちしてまーす!! 追伸:お米は普通にご購入もできます!まだ在庫に余裕あります。よろしかったらどうぞ! 玄米 600円/1kg   15000円/1袋(30kg)※お得です精米 650円/1kg ※7分づきなど、お好みの精米度合いにできます

さて何キロ?

かぶ美人★あやめちゃん

朝、晩寒くなってまいりましたね。 我が家の台所より〜 秋、冬野菜の美しい野菜〜蕪!今の時期、ほおのき畑の蕪は皮も柔らかく葉も状態が良いので丸ごとおいしくいただけます。蕪は「あやめ雪」「スワン」と二種栽培しています。 我が家の人気メニュー「蕪の酢の物」あやめ雪はほんのり色づいているので酢の物にぴったり。 作り方はとってもかんたん!蕪を薄くスライスし、塩をして(誘い水してもよい)少し置く。その間に、出汁、砂糖(煮きりみりんでも)、酢、醤油、好みでかぼすやゆずをしぼる。しんなりとした蕪をぎゅっとしぼって合わせ酢と合わせ、なじませる。冷蔵庫に入れておけば常備菜にも! 子どもたちがごはんに巻いて「蕪お寿司★」といいながらもりもり食べていました。 白蕪「スワン」は甘くて柔らかい。薄く皮をむいて櫛形に切り、生でぱくぱく!サラダにもおいしいですよ〜煮物もとろっとして最高! 炊きたてごはんと野菜のおかず。「おとうさん、おいしいお米つくってくれてありがとう!」と言いながら、去年とれたお米を頂く毎日。最後、籾のままとっておいた掛け干しのお米が、新米のように美味しくてびっくり!人員、時間、畑の都合で全部は掛け干しはできないけど、お天道様や皆様の恵みをいただくそのありがたさを味わえるなんて幸せな事。子どもたちに何か伝えられるとしたら、田畑と自然のある営みそのものを私達は伝えられたらと思っています。 今年ももうすぐ稲刈り、地域の方に助けてもらいながらの収穫です。美味しいおむすび持って、がんばるぞ〜!さとみ

かぶ

農家として見せたくないものを敢えて見せます

隠してしまいたい現実・・・ 秋深まり実りの季節を迎え、ほおのき畑でも今週末刈取りを予定しています。 今年で二回目となる米作り。 結果から言うと、今年は大失敗。。。昨シーズンよりも、作付面積が二倍以上になったのですが、10枚ほどある田んぼのうち、半分近くの田では草を抑えられなくて、ほとんど収穫ができないような状況になってしまいました。 初期除草を頑張るぞと意気込んでいたものの、田植えの直後の大事な時期に、いろいろ不調でしばらく動けず…水取りの駆け引き(?)も勝手がわからず、遠慮してしまい、結局地面が水から出ている時期がけっこうあって… そうなると、除草剤を使わないこの田は稗だらけになってしまいました。 そして 初期に除草が出来たと思っていた田んぼでも、後から「イグサ」が生えてきて、すっかり稲を打ち負かしてしまいました。下郷の「樋桶の里」の方とも話していたのですが、この「イグサ」が生えだすと、稲のパワーを吸い取られて、ひょろっとしたみすぼらしい稲しかできない。一度生えると非常にやっかいだそうで、来年からがまたおおごとだそうです。 合わせる顔もない・・・ 近所のおいちゃん方には「今年はだめやったなぁ~」と同情されたり、「ありゃぁ、あんまりやぜ。やっぱ除草剤くらいはなぁ、、、」と諭されたり。 苗作りやらで親身になってサポート頂いたアキトさんには、ほんとに合わせる顔もない。 皆の視線が痛い痛い… そこまでして、農薬を使わないことにこだわる必要があるのか? 正直、そこまでして、農薬を使わないことにこだわる必要があるのか?本気で考えるべき状況だと思われます。 私自身も、周りのみんなが除草剤を使う事に対して、悪いこととは決して思わない。思えないです。平日は普通に仕事に行き(家も朴木地区以外に移っている人が多い)、週末に朴木に上がってきて百姓仕事をする。夏場は朝から夕方まで法面の草刈りです。そんなにしてまで、先祖から受け継いだ土地、田んぼを守り、美しい棚田の風景を守り、水路を守っている人たちがいる。本当に尊敬に値します。その営み全体に比べたら、除草剤を使うか使わないかなんて、ちっぽけなこと。もし自分がお米を作っていなかったら、私は除草剤を使って育てられたお米も、有難く頂きたい。そう思っています。 稲づくりの大変さは、自分でやってみて初めて分かりました。無農薬だろうが慣行栽培だろうが、米作る人はみなエライ! それでもやっぱり挑戦してみたい 今年は、全体としては失敗だったかもしれないけど、成功のヒントがない訳ではない。一枚のある田んぼでは、雑草がほとんど生えずに、収穫まで漕ぎつけそうなのです。約半分の田んぼでも、そこそこ出来は良さそう。今年まずかった点、良かった点、いろんなデータの蓄積ができました。 いまの個人の心情としては、厳しい現実を突きつけられつつも、「来年はこういったことに気を付けてやってみよう」とか「来年は緑肥と米ぬかを活用してみよう」とか前向きなというか、挑戦的なというか、そういう心もちが勝っていて…今の所、除草剤には頼るつもりはありません。 いつか、周りのみんなから「おお!今年は出来がよかったなぁ、無農薬でもできるんやなぁ。俺もやってみようかなぁ」と言われる日が来ることを夢見てまたいろいろと試行錯誤していきます! お!最後は前向きな文章になった(笑)

稗だらけになってしまった田んぼ

鹿ちゃん(本物)現る

スタッフの鹿ちゃんではなく、リアル鹿です。 畑の隅で鹿のもとと思しき糞は時々見ていたのですが、やはりいましたか・・・ この後、私が近づいていくと なんと・・・わざわざ電気柵を飛び越え、田んぼに飛び込んでしまいました。 じゅっぽ!じゅっぽ!と田んぼの中を飛び跳ねる鹿。 「あちゃー何でやねん!」 と必死で追い払おうとする私。だけど、電気柵が怖いようで、なかなか外にでてくれません。 隣接する他の人の田んぼだけには入るなよぉと気を付けつつ、間合いを詰めて・・・ ようやく出ていった時には心底ホッとしました。 リアル鹿、結構でかいし怖いっす。 来年からは鹿対策もせなならんなぁ・・・ 防獣の話がでたところで一つ残念なお知らせ。 先日、太り始めてきたさつまいもが三分の二程イノシシにやられてしまいました(>_<) せっかく皆様にお腹一杯食べてもらおうと思っていたのに… イノシシを太らせることになってしまった。 敵を甘く見てました、大反省です。

この後田んぼに飛び込む鹿

今年もお世話になりっぱなしの種まき

昨年、五反程だった田んぼ。今年はぐっと増えて一町五反ほどに拡大です!! 米づくり二年目にしていきなり増やし過ぎなのではないのか!? そんなことはうすうす分かっています!! でも近所の方から話が来て、自分らがやらないと田んぼが荒れそうだし…一発発起してやることに決めました。 それで本日、ようやく稲の種まきをしました。 朝、朴木小学校のグランドでごそごそと始めていたら… お、さっそく近所の方(いつもお世話になっている)が監督に来られましたよ(笑)。 そして我々のやり方を見るなり、一喝 「そいじゃ、つまらんわ!」(訳:そんなやりかたでは、どうしようもないぞ!) それから、 電動の種まき機を手配してくれて、結局つきっきりで一日一緒に作業を手伝っていただきました。 途中種籾が足りなくなった時は 「あんしーとあんしーん家に余ったのがまだ残っちょんけん…」(訳:あの人とあの人の家に、余ったのがまだ残っているから…)とすぐ手配! 途中土が足りなくなった時は 「●●さん方に20体ほど余っちょんけん、取り行って来い!」(訳:●●さんの家に20袋ほど余っているから、もらいに行ってきなさい!)とすぐ手配! あれよあれよという間に、二日はかかるだろうと思っていた種まきを 夕方には終えることができました。 おまけに、準備不十分だった苗の置き床づくりも明朝に手伝っていただけるとのこと… どんだけ世話してくれるんですか… 有難くも申し訳ない気持ちで一杯でぺこぺこしながら、帰っていく軽トラを見送りました。 …実は、事前に知り合いの先輩有機農家に教えてもらって、床土に昨年の温床の土や籾殻燻炭を配合したり、 薄まき(90g/箱ほど)してなるべく一株の本数を減らす工夫をしようと考えていました。 結局この企みは実行できず(笑)、また分けていただいた肥料入りの育苗培土も使ったことで ”完全なる有機栽培の苗”ではなくなりました。 しかし、今そんなことにこだわるよりも 僕は地域の方々の親切が嬉しいし、いろいろと世話をしていただくことは有難く受け(笑)、 自分にできることがあれば率先してやる。そしてこれからも協力しあって地域の農業を守っていく。 僕にとってはこんなことの方がはるかに重要だと感じます。 まぁ結局、今年も地域の皆様にお世話になりっぱなしのほおのき畑の田んぼになっちゃってます。 皆さま、本当にありがとうございます。いくら感謝しても伝えきれない。 (Mahito)

新米おいしいです!!

「新米農家の新米〜」っていうフレーズがはずかしい感じですが できました! 11月のオーガニックマーケットで試食をお出ししましたが、 「甘みがあっておいしい♪」と好評でした! 朴木という土地は赤土、粘土質で美味しいお米ができると評判の土地柄です。 おむすびはとってもおいしいから、マーケットでも味わっていただきたいな〜と思っています。 おむすび、巻寿司、炊き込みなど、いろいろ作って出店しますので〜 乞うご期待!! 無農薬、無化学肥料はもちろんですが、今年は無施肥であります。 となりの田んぼのおじちゃんが 「肥料いれんやったんか?!(驚)みまもっとこ〜」 と言われてましたが、無事に美味しいお米が沢山とれました。 田植え前の水路の工役から、田植え、草取りから、水の管理、収穫、乾燥、脱穀、保存 一連の作業にどれだけ沢山の方の支援、協力、激励を受けたことか・・・。 本当にありがとうございます!太陽さん、水さん、大地さん、お月様、沢山の虫や生き物、神様も〜 本当にありがたいお米です。 おいしいから、うれしいから、子どもたちも 毎日もりもり食べています。 お米の販売もはじめました。 無農薬玄米¥600/1キロ 精米¥650/1キロ(7分,5,白米)※精米は5キロ以上の注文にご協力下さると幸いです。 一度食べてみたい!と少量の販売もお受けします。 キロ数、受け渡し、送料等はお問い合わせ下さい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

稲刈りひと段落(近況報告)

ブログ更新をサボっておりました(笑) ひと月ぶりの投稿になりますので、まずは近況報告から! 【稲刈りひと段落!!】 田起こし、苗づくり、田植え、そして大変だった田の草取り、慣れない水管理・・・等を経て ようやく実りの季節を迎えたほおのき畑の田んぼ。 心配された台風19号でしたが、そこまで大きな被害もなく通り過ぎてくれました。 6月にみんなで手植えをした田んぼでは、一部有志による手刈り収穫&掛け干しが行われました。 (手元に写真データが無く、写真アップできてません) 竹を伐り、稲を刈り、束ね、干す・・・手作業の大変さはあったものの これをみんなでやることの楽しさ、喜びも非常に大きかった! この後はコンバインで刈っていったのですが、手作業でやることの意味も大いにあると思いました! コンバインでの作業では、近くのおいちゃん大先輩がコツを伝授しに駆けつけてくれて 雨が降る前に何とかギリギリ刈り終わることができました!よかった~ 本当にいつもいつもお世話になりっぱなし。感謝感謝です。 ただ・・・ 少し焦っていたのが災いし、田んぼに軽トラがはまりこむ事件が発生・・・ 悪戦苦闘の末、何とか脱出に成功! 時間のロスは痛かったものの、ほおのき畑の男衆2人の経験値はアップ・・・です(笑) 初めての収穫となった嬉しい嬉しいお米 明日あたりで試食してみます。楽しみだ~♪ 【葉物充実してきました!】 さて10月に入り、瑞々しい葉物たちが揃ってきました。 水菜、コーラルリーフ(からし菜)、大和真菜、ルッコラ、蕪の仲間、大根、ラディッシュ、小松菜、、、 (白菜、法蓮草、、、等はこれからです) 中でもおすすめなのが「大和真菜」という菜っ葉。 これは奈良地方の伝統野菜なんですが、茎が非常に折れやすく一般にはあまり流通していないようです。 5年程前、とある種の交換会で佐賀の方から種を分けて頂き、作ってみたところ その美味しいこと!柔らかく、くせがなく、甘くて・・・ それからというもの、当時サラリーマンではありましたが市民農園で毎年育てておりました。 農家になった今は、いろんな方に味わって頂けたら嬉しいなぁという思いで育てています。 ぜひご賞味あれ♪ 個別配達のお野菜セットも、葉物がもりもり入ってきましたよ~

近くのおいちゃんがコツを伝授

田植えが完了~

先週末はお田植祭りに多数ご参加いただき、ありがとうございました! 土曜日は強い雨の為田植えを見合わせ、福岡の小学校で「弁当の日」や「教育ファーム」に取り組む稲益先生の講演や、交流会となりました。 鹿ちゃん、まっきーのサプライズ結婚式も大成功! 日曜日は何とか手植えによる田植えを決行。やっぱり皆で手植えするのって楽しいなぁ!そう実感した一日でした。 そして昨日(火曜日)、ようやく残りの全ての田植えが完了! 結局1反弱が手植え、残りは手押し式の田植え機で。 使った苗箱は60箱弱だったので、植付けした面積はだいたい3反~4反というところか。 これから、草取りの毎日が待っているのですが、とりあえずはひと段落です。 さてさて、畑の方も作業が山積みだ~!

田植え
May 2018
M T W T F S S
« Jan    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGETOP
droits d'auteur © Co., Ltd. le champ de Magnolia Tous les droits sont réservés.
Alimenté par WordPress & BizVektor Theme par vecteur,Inc. la technologie.