En la región de Magnolia (Magnolia obovata) de Yufu, Oita Prefecture ha estado arando los campos. A medida que su mesa de comedor va a ser divertido y delicioso!
Blog
  • CASA »
  • Blog »
  • Monthly Archives: January 2018

Monthly Archives: January 2018

暫く書いていないとわかっていたものの・・・久しぶりの投稿です。

改めまして、新年あけましておめでとうございます。 今年もおいしい野菜を作って届けて~ 皆さんに楽しくて食卓が豊かになるよう 頑張って参ります!よろしくお願いします。 年末より、沢山の方から 「スーパの野菜が高くなってるよ」と聞くのでこまめに野菜コーナーに行き価格や品質を見学しています。 「ほんとだ!レタス500円だ、誰が買うんやろ~。」ってな感じでびっくり。 たいていこの時期は産地は雪国でモノは無い状態だから例年高値のはずですが、今年は特に高いそうです。 しかしまあ、私たちは野菜を売ってはいますが野菜を値段だけで判断される様な所では負けてしまいますので 楽しさ、農や生産者との親近感、レシピや、なんやかんやお便りも付けて、お客様に受け取ってもらって いつもたくさんの方々に支えられて今日があるという訳です。 これからもがんばりますので是非みなさん、おいしく野菜を食べてくださいね~。 市場が安い時でも高い時でも有難く受け取って下さる方々に本当に感謝~。 さて冬の仕事「もみがらくんたん」づくり! 籾を炭化させて苗床に使ったり、畑にまいたりして使います。 利点がたくさんあるそうですよ!詳しくは農文協の現代農業1月号に載っています!興味のある方は是非☆ 昨年末は初めて石臼で餅つきを我が家で行いました。 助っ人家族が来てくれて、なぜか二日連続でとりおこないました~。 楽しかったし、おいしかったですね。 「こんなのびる餅初めて!」と子ども達大喜び。 今年の年末も絶対したい、そうおもいながら・・・ ・鏡餅は大きく作ること ・つくなら沢山搗きたい! という感想です。 鏡開きのぜんざいをおいしくて数日作り続けたのですが もちろん餅がたりないので 餅つき機でまたついて、おいしかったからまた次の日も搗いて・・・ 朝寒い台所に立たずにいい朝ごはんを食べるためには 餅&味噌玉!ぜんざいもオマケに~ということになってきており、 なんて餅ってすばらしい食べ物!明日も餅食べて頑張れます。 そして正月すぎてしばらくしたら やっぱりカレーですね。 なんでもかんでも薪ストーブの上でことこと煮込んだスペシャルカリー いや~おいしかった。でも残り物とかも日に日に足したので 人様には出せない・・・。さいご少し残ったのは蒸し野菜にディップして頂きました。 そして今夜は・・・漁師汁!! この写真映えしない素朴さ、おいしさ伝わるかな・・・ 夕方近くの海に男子二人で鯵やアラカブを釣ってきてくれたので 念願の漁師汁。毎週末釣りしてくれんやろかね~いい出汁でてました~。 今日午前中に図書館のCDコーナーで日本民謡の記録本とCDをなぜか そそられて聴いたのですが、奥が深い。 まずは民謡をほとんど知らない自分に改めて気づく。 知っている曲もちらほら。歌ってたおじちゃんやおばちゃんのこと思い出す・・・。 次に感じたのは、まるでアフリカの民族音楽のようだと。 歌詞不明と書かれた民謡もあった・・・。 昔の人々は農作業や酒造り、漁をしながら歌った歌がたくさんあり、地域ごとにあり なんとも面白いんです。米を搗く時の歌で激しい感情こもった歌も。 そんな時を超えた民謡にそのころの人々の想いが乗せられている。 毎日の暮らしをたのしむヒントがたくさんあるように感じました。 昔はなんでも手作業、民謡とともに笑いもあったのかな~。 今年の餅つきは餅搗歌と一緒にやりたいな~と思ったのでした。 おもしろい民謡探し、今年の新たな趣味になりそうです。 アーソレソレドッコイショ―

IMG_20171227_071729-768x1024
January 2018
METRO T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGETOP
Derechos de autor © Co., Ltd. campo Magnolia obovata Todos los derechos reservados.
Energizado por WordPress & Tema BizVektor por vector,Inc. tecnología.