鹿跳进稻田后

员工不是鹿瓒、这是真正的鹿。

在该领域的原始鹿的角Oboshiki粪便是我看着不时但、やはりいましたか・・・

この後私が近づいていくと

田んぼに入った鹿

なんと・・・わざわざ電気柵を飛び越え、我会跳稻田。
Juppo! Juppo!鹿跳向上和向下在稻田中。
「あちゃー何でやねん!」
と必死で追い払おうとする私。但、像电围栏是可怕的、不是我很到外面去。

虽然与仅柳和气体不能进入相邻的其他人的稻田、間合いを詰めて・・・
ようやく出ていった時には心底ホッとしました

真正的鹿、相当大到吓人嘿嘿。

来年からは鹿対策もせなならんなぁ・・・

 

防獣の話がでたところで一つ残念なお知らせ

日前、红薯,它已经开始脂肪,我们被一个野猪打三分之二(>_<)
せっかく皆様にお腹一杯食べてもらおうと思っていたのに…
イノシシを太らせることになってしまった
我低估了敌人、这是一个大的反射。